blog

格付けは「正常先」か

2016/08/19

格付けをベースに決定されるのが、債務者区分です。どの区分に分類されるかにより、新たに融資を申し込んだときの金融機関の融資姿勢が変わります。もし正常先より下に分類されてしまったら、新規融資はかなり困難になります。

「正常先」

業績良好、かつ財務内容にも問題ない

「要注意先・要管理先」

貸出条件に問題がある、債務履行状況に問題がある、業況が不調、財務内容に問題があるなど

「破綻懸念先」

経営難の状態にあり、経営改善計画などの進捗状況が芳しくなく、今後経営破綻に陥る可能性が大

「実質破綻先」

深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない状態で、実質的に経営破綻に陥っている