blog

顧客の忠誠心を育てる重要性とは?

2018/10/19

統計によりますと、既存の顧客を保持するほうが、新規顧客を見つけるよりも、ずっとコストが安上がりになります。

いったん新規顧客を開拓したら、その顧客の忠誠心を培うことがたいせつである。

「顧客の忠誠心」というと「お客にそんな意識はあるのだろうか」と思われるかもしれません?

しかし実際には、メーカーやお店などの製品を提供する側よりも、顧客の方が忠誠をつくしたがるものである。

例えば、一度自分の好みの飲み屋を決めたら、ほかにどんなあたしい店ができたとしても、そちらには目もくれずに、

その店に通い詰める人も多数いらっしゃると思います。

なかには、「あの店は俺が育てたのだ」と豪語する人もいらっしゃいます。

こうなるとしめたもので、あなたが裏切らない限り、その顧客はロイヤルカスタマーとなります。

そして最も有能な宣伝となります。口コミはもっともお金のかからない宣伝するツールでありながら、

ブランドを作り上げるための重要な要素です。

だからこそ既存の顧客には、まずあなたが提供するサービスや商品に、常に満足してもらわなければなりません。

あなたがもっと頻繁にお金を使ってもらわなければなりません。

顧客の満足と忠誠心を確保するには、顧客サービスが極めて重要です。

顧客サービスとは、顧客のニーズだけではなく、「ウォンツ」をも満たす過程です。

忠誠心を育てるには?

では顧客全員の「忠誠心」を育てるにはどうすればいいでしょうか?

そのためには、顧客と絶えずコミュニケーションをはかることが必要です。

それによって顧客のニーズやウォンツを満たしているかを把握することです。しかし顧客は気まぐれです。

一度気分を害すると、それまでのあなたの製品やサービスにどれだけ満足していようとも、帳消しになってしまう可能性があります。

常に一貫性をもって迅速に顧客に対応できるプロセスを策定しましょう。