blog

原則4:コミュニケーションで相乗効果を生み出せ

2018/10/20

コミュニケーションの度合いを使い分ける。

どの会社においても、最も重要な資産は従業員です。

従業員間の人間関係、従業員と顧客との良好な人間関係は、会社が成功するための重要な鍵となります。

「手だけを雇うことができない。頭と考えがついてくる」という言葉があります。

人間は、ひとりひとり違う意志や考えをもって生きているもの。人を上手に動かすには、コミュニケーションでお互いの理解を深める事がまず大事です。ということを表した言葉です。

また、「リーダーシップを発揮する」というと、「人をグイグイひぱって行くこと」と考える人が多いですが、本来の意味は「メンバーを目標や目的に向かって動機付けること」だからこそ「リーダーシップ」とは、経営者や上司だけでなく社員が発揮しなくてはならないものだ。

さらに言えば、会社の経営者や上司が発揮すべきリーダーシップとは部下を成功に導くものであるべきなのである。

経営者が抱える悩みの中で最も高い比率を占めるのは、「人」に起因するものである。

ただ、コミュニケーションやリーダーシップの意味、そして行動科学の原点が理解できれば、必ず道は開けるものです。