blog

助成金で資金調達をする際に選ぶべき専門家とは?

2018/09/15

全ての社労士は助成金に詳しいわけではない

厚生労働省の雇用関係助成金が、創業・雇用調整から、教育・労働移動へとシフトしていることについては、
すでに述べております。従業員教育、正社員化、評価制度、最近では働き方改革などは、まさに社労士事務所の専門分野です。特に教育関連の「キャリアアップ助成金」を受けるために必要な「専業内職業能力開発計」は、助成金との関係性がわからなければ、作成には長い時間かかるでしょう。

またジョブカードの導入が必要な助成金は、事前準備にとても時間がかかります。しかし、専門家と企業とのコミュニケーションをしっかりとったうえで、計画を実行して申請すれば、ほぼ間違いなく受け取れます。

助成金申請代行ニーズはあるもの・・・・

・中小企業の事業主が制度を知らない
・手続きは煩雑でコロコロ変わり、敬遠されがち
・役所の人が積極的でない

このような理由から、十分にニーズを拾いあげる事ができていない分野です。
そのため、助成金に詳しい社労士は、多いとはいえません。

当事務所では助成金に詳しい社労士のご紹介も行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

こちらの記事もおすすめ

全ての社労士が助成金が得意ではない