blog

情報開示が社員のモチベーションを高める

2018/10/24

目のまえの作業をこなすことにしか興味のない社員は、コストについて鈍感です。

自分の机、椅子、電話、パソコン、オフィスのレンタル料金などに、どれくらいのコストがかかっているのかにまるで関心を示さないし、何も知らされていないことが非常に多いです。

このような些細なことでも、情報を共有できれば、会社はこれまでとは大きく違ってくるはずです。

ほとんどの社員は、会社とともに成長したいと願うものです。自分も会社の成長に貢献したいものです。

自分も会社の成長に貢献したいと考えています。

現在の会社の状況がどうなっているのか、きちんと知りたいと思うものです。

だからこそ、噂でなく真実を知りたい。売上状況や商品の売れ行きはどうなのか?会社はどの方向に向かっているのか?

自分の立場はどうなるのか?

経営者や経営幹部が、社員に対して率直なコミュニケーションをとり、成果があった社員には適切に評価するようなシステムでないと、社員はアイディアでないと、社員はアイディアを出してくれません。

だからこそ、あなた自身が問題を抱え込まないで、率直に会社の現状と懸念事項を話すようにすることが最も大切なものです。