blog

借金は悪!?お金を借りるのも経営者の仕事です

2019/02/21

導入期の頃はその自覚が薄く「借金はしないほうがいい」という個人としての感覚が残っているためか、

真剣に向き合おうとしない傾向がみられます。

返済の意思はあるものの、ストレスになるため、できることなら考えたくなないというのが本音でしょう。

しかし、毎月の返済額や返済日、残高などを把握していなければ、計画的な資金活用ができません。

資金繰りに失敗して一度でも返済が遅れたら、それは大きなマイナス評価になり、次の融資申し込みに悪影響を与えてしまいます。

逆に、計画通りに返済を完遂することができれば評価が上がり、次の融資が通りやすくなります。

融資を受けたら、必ず決まった日に、決まった金額を返済する。これを守り、自社の評価を上げて、さらに融資を受けやすい会社にする。

返済は、経営者が果たすべき重要な仕事のひとつです。そのためにも会社のお金の流れをしっかりと把握して、毎月の返済に問題が生じないかどうか、試算表と資金繰り表でチェックする必要があります。